安い断熱材を選んではいけない理由

断熱材室内の快適さや光熱費削減を目的としてマイホームに断熱性を求める人が増えていますが、このときに断熱材は安いものを選ばないようにすることが大切だと言えます。マイホームのコストを抑えたいと考えるときには、使用する素材のグレードを下げるという方法でコストを削減する人が多いのですが、断熱材に関しては初めに安いものを選んでしまうことがとても危険です。建てたばかりでもすぐに修繕費が必要となったり、想定外の大きなトラブルを引き起こしたりすることになるので、品質の良いものを選ぶことが重要であると知っておきましょう。

安い断熱材の中には吸湿性が高いものが多く、吸湿性が高いと周囲の湿気を含んでしまい、断熱材が縮んでしまうという問題が発生します。縮んだ断熱材は本来の断熱性を発揮することができませんし、湿気を含んでいることで周辺の建材が腐る原因となってしまうでしょう。見えない部分に設置されているものですが、部屋の温度が上手く保てなくなったなどの理由で異常に気づくケースが多く、気になったときに点検を依頼すると既に壁の内側にカビが発生していたり周辺が腐っていたりすることが多いと言えます。

品質の悪い断熱材を使用して異常が発生すると、元に戻すための修繕費用が必要となりますし、カビが発生している場合は大がかりな工事と多額の費用が必要になる可能性が高いです。建材が腐っていればそのまま放置しておくことは非常に危険であり、最初にコストを削減したことで後から高い費用が必要になる可能性があると知っておきましょう。断熱材そのものだけではなく、マイホームの寿命まで縮めることになってしまうので注意が必要です。

夏は涼しく冬は暖かい環境、光熱費が安くて済む住まいを求めて断熱性の高い家を選ぶ人が多いですが、断熱材がダメになってしまうと涼しさや暖かさを保つ性能が損なわれてしまい、それによって光熱費も高くなってしまうでしょう。マイホームにかかる費用を安く抑えたいと感じたとしても、大きな問題に繋がりやすい断熱材のグレードを下げるべきではありません。これによって大がかりな工事や多額の費用が発生する可能性が高いので、最初から品質の良いものを選んでおくことが大切だと言えます。断熱材を取り入れる場合は事前に品質を確認しておき、劣化しづらい耐久性のあるものを選ぶようにすると、短い期間で性能が損なわれたり家にダメージを与えたりすることがなくなるはずです。

おすすめ記事