家の中を視覚的に広く見せる方法とは?

マイホームを購入する際に、家の中を視覚的に広く見せる方法やコツを知っておくと、満足度の高い空間を作り出すことができます。広々とした住まいを購入したつもりでも、家具や設備などを設置すると思っていたよりも狭い家に感じられることが多いです。満足できる住まいにしたいと考えるのであれば、広く見せる内装やインテリアについて正しい知識を持っておくと良いでしょう。

まず、白やアイボリー、ベージュなどの薄い色は部屋を広く見せる効果があるので、壁紙はこういった色の無地のものを選ぶことがおすすめです。寒色系の中では淡いブルーが同じような効果を期待できるので、白やアイボリーではもの足りない人は淡いブルーを取り入れることをおすすめします。柄は入れないほうが良いですが、どうしても入れたい場合は小さなものにしておくことが重要です。カーテンなどを無地にするとシンプル過ぎると感じることが多いので、その場合は縦ラインが強調される柄が良いのでストライプなどを選ぶようにしてください。

部屋のどの面に光を当てるかで印象が大きく変わるので、天井が狭い家は天井と壁に光を当てるようにすると本来より広い空間に見せることができます。狭い部屋にペンダントライトやシャンデリアライトを設置すると圧迫感が出てしまうので、ダウンライトや薄型のシーリングライトを選ぶと良いです。また、部屋や洗面所に大きな鏡を設置すると、部屋が広々として見えるという効果が得られます。おしゃれなデザインや鏡に映る場所に素敵な小物を並べたりしておくと、一層素敵な空間を作り出すことができるはずです。

家具や収納を工夫することでも広く見せることができるようになり、テーブルや棚は背が低いものを選ぶことが大切だと言えます。背の高い家具は圧迫感を与えやすいので、ハイチェストではなくローチェストを選ぶ、低めのダイニングテーブルを選ぶなどの工夫が必要です。棚を選ぶ際には扉なしであれば圧迫感が小さいので、部分的に扉のない収納棚を選ぶこともおすすめだと言えます。

内装やインテリアについてはハウスメーカーのスタッフと相談することができますが、こういった工夫ができることを知った上で相談すると良いでしょう。色調や照明、収納や家具などの様々なポイントを意識しておくことで、本来よりも広々とした住宅に見せることができます。狭い家だと感じたくないのであれば、広く見せるコツや工夫を知ってから内装やインテリアを決定するようにしてください。

おすすめ記事